スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

「休眠口座管理手数料」の新設について

2014年9月

各位

株式会社 近畿大阪銀行

「休眠口座管理手数料」の新設について

弊社では手数料体系の見直しの一環として、2014年10月1日(水)以降に開設された普通預金口座に対し、「休眠口座管理手数料」を新設・導入させていただきます。
「休眠口座管理手数料」とは、2年間入出金・口座振替等のご利用がない普通預金口座(以下「休眠口座」といいます。)のうち、残高が1万円未満の口座に対し、お取引状況をおしらせした上で、約3ヶ月経過後に、年間1,296円(月あたり100円:消費税込)の手数料を頂くものです。

弊社におきまして、お客さまが口座の存在自体をお忘れになられている等の理由で、休眠状態となっている口座が存在していることにより、管理コストを要している現状を踏まえ、①当該口座の再活用によるお取引きの再開をお勧めすること、②「口座不正利用」防止等の観点から、今後お使いになる予定のない口座のご解約をお勧めすること、③休眠口座の管理に要している最低限のコストをご負担頂くことにより、当社を普段からご利用頂いているお客さまへのサービス維持を図ること等を目的としています。

本手数料はあくまでも2014年10月1日以降に開設され、休眠状態となった口座に対する管理コストをご負担頂くものであり、日常の入出金や口座振替等のお取引きをされているお客さまが対象となることはありません。なお、2014年9月30日現在で、開設されている口座は本手数料の対象外となります。

詳しくは営業店窓口にお問合せください。

以上