スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

個人年金保険

個人年金保険とは

個人年金保険は、運用・年金・保障のそれぞれの機能がセットになった商品です
保険料を払込み、所定の据置(運用)期間満了後に運用成果(年金原資)を年金として、または一括で受取ることができます
また、据置(運用)期間中に万一のことがあった場合は、予め定めた死亡給付金受取人に死亡給付金が支払われます

変額個人年金保険

払込んだ保険料は、生命保険会社の特別勘定で運用されます
特別勘定の運用実績によって年金額、解約払戻金額および死亡給付金額等が変動する商品です

変額個人年金保険取扱商品ラインナップ

定額個人年金保険

払込んだ保険料は、生命保険会社の一般勘定で運用されます
原則として、ご契約時に運用期間満了後の年金原資が確定している商品です
また、外貨建ての定額個人年金保険をご契約いただくことで、通貨分散も可能です
商品によっては、運用期間中、定期的に積立利率を見直すため、ご契約時に運用期間満了時の年金原資額が確定しません

定額個人年金保険取扱商品ラインナップ

  • 当社取扱の生命保険には、定額個人年金保険(一時払・平準払)・変額個人年金保険(一時払)・終身保険(一時払・平準払)・定期保険(平準払)・医療保険(一時払・平準払)・学資保険(平準払)があります。
  • 個人年金保険・終身保険・定期保険・医療保険・学資保険は生命保険であり、当社による元本および利回りの保証はありません。また、預金ではありませんので、預金保険制度の対象ではありません。
  • 生命保険契約は、お客さまと引受保険会社との契約となり、生命保険契約のお引受けや保険金等のお支払いは、引受保険会社が行います。
  • ご契約いただいた生命保険は、引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約時にお約束した給付金額・年金額等が削減されることがあります。
  • 生命保険の募集において、当社は募集代理店であり、お客さまと引受保険会社との保険契約の媒介を行います。保険契約締結の代理権はありません。したがいまして、保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対して生命保険会社が承諾したときに有効に成立します。
  • 法令上の規制により、お客さまの勤務先によっては当社では生命保険をお申込みいただけない場合があります。
  • 生命保険は、以下の費用がかかる場合があります。なお商品により異なるため表示できません。各商品の契約締結前交付書面でご確認ください。
    ご契約時にかかる費用 契約初期費用
    ご契約期間中にかかる費用 保険関係費用
    運用関係費用
    年金管理費用
    途中解約にかかる費用 解約控除額
    ※市場価格調整額
  • 市場価格調整とは、市場金利の変動に応じた資産価値の変動を解約払戻金額に反映させる調整手法のことです。市場価格調整を行うことにより、解約時の市場金利がご契約時に比べて上昇した場合には解約払戻金額が減少することがあり、損失が生ずるおそれがあります。(市場価格調整額等の名称は、商品により異なります)
  • 外貨建の生命保険は、為替相場の変動により、年金などの受取時の円換算額が一時払保険料の円換算額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • 変額個人年金保険の一時払保険料は、特別勘定を通じて、主に有価証券に投資する投資信託で運用されます。そのため、運用実績が積立金額、解約払戻金額、死亡保険金額、年金原資額、年金額等などの増減につながり、有価証券の価格の変動等により、積立金額、解約返戻金額は一時払保険料相当額を下回り、損失が生じるおそれがあります。なお商品により異なるため表示できません。各商品の「契約締結前交付書面」等でご確認ください。

(2013年5月17日現在)

「個人年金保険」に関するお問合せ先

お近くの店舗を探す

お近くの近畿大阪銀行窓口でお気軽にご相談ください

  • 個人年金保険は、近畿大阪銀行の窓口にてお取扱いしています
  • インターネットによるお取扱いはしておりません