近畿大阪銀行RECRUITING SITE 2018

MY PAGE ENTRY

社員紹介 PERSONS

子育てをしながらしっかりキャリアを築く。

大西 扶美 Fumi Onishi 1999年入社|高槻支店 渉外課(融資)課長

  1. 入社の理由地元の中小企業の
    力になりたい。

    実家が家業をしており、開業の時に助けてもらったのはメガバンクではなく地方銀行で、ずっと感謝していると聞いていました。それで私も、どんな時にもお客さまの相談に乗れるような、地元の中小企業を支える金融機関で働きたいと思い、地方銀行を志望しました。
    中でも近畿大阪銀行は、実家でおつきあいがあったことから関心を持ち、銀行らしからぬアットホームで気さくな社員の人柄に魅力を感じて入社しました。

  2. 現在の仕事内容営業店の融資案件全般を
    取りまとめる。

    現在、3名の部下を持つ融資課長として、営業店の融資関連業務全般を手がけています。個人のお客さま向けの住宅ローンから、法人のお客さま向けの事業性融資まで、扱う案件はさまざま。渉外担当のアシストをしながら、融資が実行できるように資料を作成したり、格付けしたり、申請書類を作成したりと、申請から承認、実行に至る一連の業務に携わります。
    一方で、課長としてのマネジメント業務も重要な仕事。若いメンバーが多い営業店なので、課員はもとより、若手の渉外担当に対しても、指導やサポートを行うことによって、営業店全体で成果が上がるよう働きかけています。

  3. 大切にしていることホウレンソウ(報告、連絡、相談)を
    密にしたコミュニケーション。

    職場でのコミュニケーションを大切にしています。自分の仕事だけに必死になるのではなく、「わかっているだろう」と思えることでも、お互いに声をかけ合って確認をすることで、抜けや漏れといったミスを未然に防ぐ職場作りを心がけています。もちろんそれは自分も同様。特に私の場合は、まだ子どもが小さく急に休みをとることもあるため、仕事の進捗について必ずこまめに周囲に報告するようにしています。
    また課員に対しては、お客さまが求めていらっしゃることを正確につかみ、それを社内で正しく伝える力をつけるよう指導しています。そこさえしっかりおさえていれば、業務スキルは後からいくらでもついてくるものです。

  4. 仕事のやりがいお客さまに感謝された時や
    部下や後輩の成長を目にした時。

    まず、お客さまのお役に立てて喜んでいただけた時に、やりがいを感じます。たくさんの銀行がある中で近畿大阪銀行を選んでいただいたからには、力になって喜んでいただきたい。だからこそ、「あなたに相談してよかった」と言っていただけるような仕事ができた時は、何よりうれしいです。
    また、部下や後輩の成長も私にとっての大きなやりがいです。部下も私も、いつまでも今の営業店にいるとは限りません。部下が異動先でもしっかりと活躍できるように、また私がいつ異動してもこの営業店の融資がうまくまわるように、日々指導しています。成長した部下がお客さまに感謝されている姿を目にすると、本当にうれしく思います。

  5. 目標・将来の夢子育てをしながらでも
    上を目指せる職場を作りたい。

    今、近畿大阪銀行では子育てをしながら働く女性社員が増えています。こういった社員が、より働きやすいと感じることができる職場作りをしていきたいと考えています。同じ子育て社員でも、家族が手伝ってくれる人もいれば、実家が遠くて何もかも自分でやらなければならない人もいます。どんな環境に置かれていても、限られた一時期を乗り越えて働き続けることができる会社、また子育てしながらでも、しっかり上が目指せる会社となるよう、働きかけていきたいと思います。

学生の皆さんへ

近畿大阪銀行はとても風通しが良く、働きやすい会社です。職場における人のつながりも強く、営業店で一緒に仕事に取り組んだ仲間とは、異動後も定期的に集まったりしています。やる気があって一所懸命に取り組む人には、力になってくれる人がたくさんいる会社だと思います。
当社には、「近畿大阪銀行が好き」と言ってくださるお客さまがたくさんいらっしゃいます。それは、先輩が頑張ってきたからこその関係であり、お客さまのために一所懸命になれる人と、ぜひ一緒にその関係を引き継いでいきたいと思います。

ONE DAY SCHEDULE

  • 出社・開店準備

  • ミーティング

  • 当日スケジュールの確認
    (当日処理や報告等の指示)

  • 事務検印、案件審査

  • 昼食

  • 当日処理完了の確認、
    持出し検印

  • 預り締め、
    翌日処理確認・準備

  • 事務検印、案件審査

  • 退社

OFF-TIME

写真は、営業店のメンバーとバーベキューに行った時に撮ったものです。私の子どもも一緒に連れて行きました。「子どもも連れてくれば?」というお言葉に甘えて、お店の歓送迎会の場などに同席させてもらうこともしばしば。また、それ以外にも、食事に行ったり、遊びに行ったりと、充実したオフタイムを過ごしています。

営業店で働く他の社員

pagetop