近畿大阪銀行RECRUITING SITE 2018

MY PAGE ENTRY

社員紹介 PERSONS

期待を超える提案ができる法人営業に成長したい。

井上 雄貴 Yuki Inoue 2014年入社|難波支店(法人営業)渉外課

  1. 入社の理由銀行のカタいイメージを
    打ち破ってくれた。

    就職活動をしている当初は、銀行に対して「カタい会社」というイメージを持っていました。しかし、近畿大阪銀行は良い意味でそのイメージを打ち破ってくれました。社員と話す機会があったのですが、とても気さくな人で、まるで友人のように話してくれました。ちなみに、その先輩とは入社後の今でも一緒に飲みに行く仲です。
    また、役員面接でも堅苦しさが一切なく、非常にフランクな雰囲気の中、自分を出してのびのびと話をすることができ、ここなら良い人間関係の中で仕事ができるに違いないと思い、志望しました。

  2. 現在の仕事内容法人営業として
    大企業から中小企業までを担当。

    入社3年目の4月から、法人営業の渉外担当として一人で外回りをしています。大企業から中小企業まで、業種もさまざまなお客さまを担当しています。お会いするのはほとんどが社長さま。経営上のさまざまなお悩みや課題をくみ取り、お客さま目線の提案を行うのがミッションですが、まだまだわからないことが多いため、今はとにかく明るく元気に接しながら「教えてください!」というスタンスで、かわいがっていただく営業スタイルをとっています。
    最近では、支店長や先輩のフォローを受けながら、少しずつ大きな融資案件を実行できるようになるなど、成長を実感しています。

  3. 大切にしていること求められていること以上の
    結果でお応えする。

    お客さまのニーズを的確にとらえ、お客さまの期待以上の結果でお応えするように心がけています。たとえば融資案件一つとっても、融資のご提案でお応えするのは誰にでもできます。そこで、ビジネスマッチングや経営効率化策などを自分で考えてお客さまにご提案する、そうした姿勢が重要だと考えています。
    もう一つ心がけているのは、常に笑顔で仕事をすること。話す時の印象は大事なので、私は電話口でも笑顔で話すようにしています。また、お客さまに対してだけでなく社内でも同様です。これは支店長の考えなのですが、笑顔でコミュニケーションをとることによって、お互いにフォローし合える明るい職場にしようということで、私も営業店の一員として実践しています。

  4. 仕事のやりがい「+α」のご提案を
    喜んでいただけた時。

    お客さまからご相談を受け、それに「+α」で応えるプランを社内で練ってご提案し、実行した後に「ありがとう」と言われた時が、やはり最も渉外担当冥利に尽きる瞬間ではないでしょうか。銀行は、融資取引を通じて、お客さまの企業経営にお力添えできる仕事。その根本にある役割にやりがいを感じています。
    また、こんなにたくさんの社長さまと膝詰めで経営に関するお話ができるのも、この仕事ならではの醍醐味。もちろんその分、こちらもそれ相応の有益な情報やご提案を提供しなければなりませんが、その責任感がやる気につながっています。

  5. 目標・将来の夢何かお困りごとがあった時
    一番に相談される存在になる。

    担当するお客さま全員に、「井上くんが担当でよかった」と思っていただけるような銀行員になりたいです。たとえ金融に直接関係がないようなことでも、何かお困りごとがあれば、「とりあえず井上くんに聞いてみようか」と一番にご相談していただけるような存在になるのが目標です。
    お客さまと話をしていると、「以前、担当してくれた○○さんのおかげで今のうちがあるんだよ」と、近畿大阪銀行の先輩の名前を聞くことがあります。そうした先輩たちが築いた信頼関係があるからこそ、自分は今こうして営業活動ができているんだなとありがたく思う一方で、次は自分が少しでも早くそうやって名前を出していただけるような営業担当になろうという気持ちになります。

学生の皆さんへ

近畿大阪銀行は、銀行の「カタい」イメージを覆す存在だと思います。何でも相談できる先輩や上司が多く、一人で抱え込んで悩むということはほとんどありません。上司との距離も近く、自分の意見を積極的に取り入れてくれます。
また近畿大阪銀行は、人と関わることが好きな人が特に活躍できる職場だと考えています。しっかり相手の話を聞き、問題が何なのか的確にとらえ、期待以上の提案をすることでお客さまにも喜んでいただけます。お客さま、社内ともに自発的に活発な発言をして、お客さまの頭に一番に浮かぶ銀行を一緒に作っていけたらと思います。ぜひ近畿大阪銀行で銀行の「カタい」イメージを取っ払い、一緒に成長していきましょう。

ONE DAY SCHEDULE

  • 出社
    ミーティング
    外訪準備

    課内のメンバーが毎朝集合し、その日に訪問する企業の案件内容の確認や、仕事上で困っていることなどを話し合う。

  • 外訪に出発

    外訪先に電話でアポイントをとる。既存の顧客訪問はもちろん、新規もリサーチし、積極的に開拓している。

  • 新規顧客を開拓

    企業の受付担当者とは何度も顔を合わせることが多い。懇意になると、社長の予定などを聞ける可能性が高まる。

  • 昼食

    外訪スケジュールによって、社内か社外か、ランチの場所を選択。社内の場合は同僚との情報交換も兼ねて食事をとる。

  • 既存先を訪問

    雑談の中で潜在的なニーズな何なのかを探る。何でも相談してもらえる関係作りが重要。

  • 帰店
    整理整頓

    課長・支店長に今日の成果を報告。同僚の成果や推進方法を共有し切磋琢磨する。

  • 案件組成

    先輩、上司に相談しながら案件組成を行う。

  • 退社

    同僚・上司と共に飲み会を開催したり、試験勉強を行う。

OFF-TIME

この写真は、営業店のメンバーでゴルフに行った時の一枚です。営業店では年4回ゴルフに行っていますが、ラウンドしながら支店長とプライベートな話をすることもあり、親睦を深める良い機会となっています。また、少年時代からサッカーをしており、今も地元のフットサルチームに所属して汗を流しています。

営業店で働く他の社員

pagetop