近畿大阪銀行RECRUITING SITE 2018

MY PAGE ENTRY

私たちの使命 OUR MISSION

地域のあらゆるお客さまのパートナーとなり
最適な金融サービスを提供することで

「地元経済の発展
に貢献する

全国規模のメガバンクとは異なり、地域に密着した事業展開で地元経済の発展に貢献する。それが地方銀行の使命です。私たちは大阪市の中心部に本社を置く地方銀行として、地元のお客さま一社一社、お一人おひとりに寄りそう地域密着の営業活動を展開することにより、大阪全体を元気にしていきます。

その使命を果たすために

「近畿大阪銀行らしさ」と
「りそなグループ総合力」を融合

地元経済の発展に貢献し、大阪をもっともっと元気にする。その使命を果たすために、私たちは「地銀である近畿大阪銀行らしさ」と「りそなグループのネットワーク&機能」を兼ね備えた金融機関として、力を発揮していこうと考えています。
近畿大阪銀行らしさとしては、お客さまの真のニーズに応える「アシストスタイル」という営業スタイルをはじめ、「身近さ、スピード、親しみやすさ」を重視した地銀ならではの活動姿勢、地元・大阪における66年の歴史の中で築いた強固な顧客基盤の拡充、さらには地域への積極的な関わりに至るまで、お客さまとの絆を育むさまざまな取り組みに努めます。
一方、近畿大阪銀行は、日本の5大金融グループの一角を占めるりそなグループの一員でもあります。グループの持つ国内外の充実したネットワークの活用はもとより、日本でただ1つの信託併営銀行グループだからこそ可能な、フルスペックの信託機能や不動産仲介サービスの提供、さらには高度な金融ノウハウの活用まで、りそなのグループ力を活かした事業活動を推進していきます。
こうして、「近畿大阪銀行らしさ」と「りそなグループ総合力」を融合させ、地元・大阪のお客さまにメガバンク並の金融サービスを、身近で親しみやすいパートナーとして提供していこうと考えています。

近畿大阪銀行らしさ

  • 地元大阪で66年の歴史
  • 身近さ、スピード、親しみやすさ
  • アシストスタイルの徹底
  • 大阪府下の強固な顧客基盤
  • 地域社会への積極的な関わり

りそなグループのネットワーク&機能

  • 国内・アジアネットワーク
  • フルスペックの信託
  • 不動産仲介
  • 高度な金融ノウハウ
  • グループ関連会社の多様な機能

「金融サービス企業」として
あるべき姿を追求

あなたにとって銀行とは何ですか? 窓口は午後3時で閉まる、待ち時間が長い、“頭取”という呼び方、などなど。ちょっと変わった銀行独自のあり方や対応に疑問を持つ人もいらっしゃるのではないでしょうか。私たちは、自分たちの事を“金融サービス業”だと考えます。「銀行の常識は世間の非常識」今までの銀行の常識にはとらわれず、お客さまに心から喜ばれる銀行となるために、さまざまなサービス業を行ってまいります。

  • 平日17時まで営業

    一部の店舗を除き、平日営業終了時間を15時から17時に延長し、投資信託や生命保険などの各種資産運用のご相談をうけたまわっています。日中お忙しいお客さまのご利用機会を増やしています。

  • 週7日営業

    大阪・梅田の中心地にある「うめだプラザnanoka」では、週7日営業を実施。 休日のおでかけやお買い物ついでにお立ち寄りいただけ、ローンや資産運用など、 さまざまなご相談にお応えしています。

  • 24時間365日当日振込

    りそなグループ内の口座間なら、24時間365日当日振込が可能。そんな、かつてないサービスをスタートさせました。人々のライフスタイルを変えるこのサービスは、「2015年 日経優秀製品・サービス賞 優秀賞」を受賞しました。

  • 印鑑レス

    阿倍野支店では、「印鑑なし」で口座開設や各種手続きができるサービスを始めました。これは、関西地銀で初めての取り組みです。近畿大阪銀行は、2019年度までにこの印鑑レスのサービスを全店で導入する計画です。

あべのば ABENOBA

「あべのば」は、阿倍野支店の1階にあるフリースペース。“ちょっとの時間”を自由に過ごしていただける憩いの空間です。ソファやハイカウンターなど好きな場所に座って、コーヒーを味わったり、おしゃべりしたり、メールチェックしたり。雑誌や専門書など、セレクトブックもそろえ、街のくつろぎ空間としてお客さまや地域住民の皆さまにご利用いただいています。

MESSAGEプロジェクトメンバーに聞く

前冨 文葉Fumiha Maetomi

営業統括部 地域運営企画グループ
2007年入社 文学部卒

女性を中心とした若手社員でプランニング。

若い層のお客さまをもっと増やそう。それが、「あべのば」企画の出発点でした。だから、プロジェクトメンバーも20代~30代前半の、女性を中心とした若手社員で構成。近隣他行に例のない新しいチャレンジだったので、どんな空間にするべきか、メンバー全員でいろいろアイデアを出し合いながら企画を進めていきました。そしてたどり着いたコンセプトが、「発見」。お客さまのライフスタイルに応じて、何か新しいものと出合える場所にしようと考えました。
オープンの日はどきどきでした。感動で泣くかなと思いましたが、実際は、やらなければならないことが目白押しで。オープンはゴールではなくスタート。これからが本当の勝負です。イベントの実施など、これからどんどん新しいことを手がけて盛り上げていきたいと思っています。「あべのば」を成功させて、ぜひお客さまとの新しいコミュニケーションのあり方を確立させたいですね。

pagetop