近畿大阪銀行RECRUITING SITE 2018

MY PAGE ENTRY

キャリアアップ CAREER UP

マイライフ、マイキャリア。
ますます女性が
活躍できる会社へ。

  • ライフイベントを経ながらも、
    目指すキャリアアップを実現。

    男性も女性も活躍し続けることができる組織づくりの実現に向けて、社員一人ひとりの意識改革に向けた取り組みや、先進的なワークライフバランスの実現に注力しています。
    2016年3月時点で、役職者の女性比率は約24%、子供のいる女性社員は約200人で、子育てをしながら働いている女性の比率は約23%となっています。
    こうした実績が評価され、地域金融機関第1号として大阪市女性活躍リーディングカンパニーを認証取得しました。また、女性が活躍し業績が伸びている会社として、りそなグループは東京証券取引所が選定している「なでしこ銘柄」にも2年連続で選定されています。
    近畿大阪銀行には、女性が結婚や出産、育児といったさまざまなライフイベントを経ながらも、復帰しやすく、目指すキャリアアップを実現していくことができる環境が整っています。

    • 約24% 役職者の女性比率
    • 約200人子供のいる女性社員
    • 約23%  ワーキングマザー比率
    • 育児休業制度

      400
      育児休業取得者数

      育児休業は、最長2年1カ月までとることが可能です。2015年度の育児休業取得者数は39人で、これまでに育児休業をとったことのある延べ人数は約400人に上ります。第2子、第3子の育児休業をとる人も多く、とりやすい環境にあります。

    • 託児費用補助制度

      80人/年間
      託児費用補助制度取得者数

      託児費用補助制度は、3歳以下の子どもを持つ従業員を対象に、共働きなどで子どもを保育所や託児所などに預けなければならない場合、月額5千円を上限に費用を補助する制度です。この制度の取得者数は延べ年間約80人に上ります。

    • りそなウーマンズカウンシル

      りそなウーマンズカウンシルは、女性従業員の声を経営に反映させることを目的に発足。女性が長く働き続けることができる職場環境づくりやキャリア形成のサポートなどを経営に提言しています。仕事と子育ての両立に向け、同じ悩みを持つ社員の交流の場として、「りそなパパママの会」を開催したり、ワークライフバランスの促進・キャリア形成意識の向上に向け、各種セミナー等を開催しています。

    • 女性の管理職への積極登用

      近畿大阪銀行では、女性が管理職になることが当たり前という風土ができあがっています。こうした取り組みが認められ、「均等・両立推進企業表彰」を受賞したほか、男性社員も育児休業の取得者がいるなどワークライフバランスを推進していることから、厚生労働省が認定した子育て支援会社として「くるみん」マークも取得しました。

    • 『えるぼし』を取得

      近畿大阪銀行は、厚生労働大臣より、女性活躍推進法認定マーク『えるぼし』を取得しました。『えるぼし』とは、女性活躍推進法に基づく基準を満たし、女性の活躍推進への取り組みが優良な企業に認定されるもの。近畿大阪銀行は、大阪府内でその第一号として認定されました。

    • 女性リーダー研修

      近畿大阪銀行では、女性従業員を支援する研修を拡充しています。そのうちの一つである「女性リーダー研修」は、自分らしい働き方・生き方の探求と、マネジメントや論理的思考などのリーダーシップスキルの強化を図る研修で、女性社員の育成の一環で実施されています。

    • 復職支援プログラム

      「復職支援セミナー」や「業務復帰サポート講座 」等の開催や、 自宅学習システムを通じた情報提供など、出産・育児休業からの 円滑な職場復帰に向けた取り組みを行っており、管理職層に占める女性の割合やワーキングマザーの割合は年々増加しています。

pagetop