スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

お手軽100円レシピ

なにわの食材

レシピで使用している「なにわの食材」をご紹介します。

なにわの野菜

  • 毛馬きゅうり

    大阪都島区のなにわ伝統野菜。皮がパリッとかたく果肉は甘いです。

  • 紅ずいき

    主に海老芋の茎を大きく育てたもの。乾燥させたものが干しずいきです。

  • 泉州たまねぎ

    明治時代に今井伊太郎氏が種を導入。その後品種改良され、日本のたまねぎのルーツになりました。

  • 玉造黒門越瓜
    (たまつくりくろもんしろうり)

    大阪城の玉造門付近で栽培されていたシマ模様の瓜。玉造門が黒色だったことからこう呼ばれてきました。

  • 紅たで

    お刺身に添えられている小さな幼芽。大阪では八尾市で多く栽培されていて、毒素を消す効果があると昔から伝えられています。

  • 勝間南瓜
    (こつまなんきん)

    大阪市の西成区周辺で多くつくられていた南瓜。西洋南瓜のような甘みはありませんが、小ぶりながら味わいがあります。

  • 切干大根

    大阪では冬に田辺大根などを用いて細く切った大根を寒風にあて干してつくりました。大根を使った保存食のひとつです。スーパーなどでも売られています

  • アラメ

    ひじきとよく似た海藻の一種。わかめより細くあらいので、アラメと呼ばれ大阪では縁起のよい食材とされてきました。

  • 吹田くわい

    大阪府吹田市に万葉の頃から伝えられてきたという、なにわの伝統野菜。豊臣秀吉の好物としても有名で、京都まで運ばせた話が吹田市に伝わっています。小さくて栗のように甘いのが特長です。

  • 天王寺蕪
    (てんのうじかぶら)

    大阪市天王寺周辺に伝えられてきたかぶら。信州のお坊さんが天王寺蕪の種を持帰り、できたのが野沢菜と伝えられています。

  • 難波ねぎ

    現在の南海本線「難波駅」周辺は昭和に入るまでは、一面のねぎ畑でした。その当時に栽培されていたのが、「難波ねぎ」です。京都の九条ねぎの元になったとの言い伝えもあります。

  • 田辺大根

    大阪市東住吉区の田辺地区が発祥とされる大根。少し辛みがある大根ですが、煮ると甘味となります。ふろふき大根に最適な、なにわの伝統野菜です。

  • 金時人参
    (きんときにんじん)

    金時人参は江戸時代初期に中国から伝わり、昭和の初期頃まで、大阪市の住之江区で多く栽培されてきた、なにわの伝統野菜です。

  • 大阪水菜

    水菜は京都にもありますが、大阪の水菜は京都と違って茎軸が太く、株が大きいのが特長です。ハリハリ鍋に使われるのがこの水菜です。

  • 河内一寸空豆

    空豆は全国にいろんな種類があります。そんな中でも大阪の羽曳野市周辺で昔からつくられてきたのが河内一寸豆です。大きさが一寸(約3cm強)もある大きな空豆で、別名お多福豆とも呼ばれています。

  • 大阪菊菜

    冬のお鍋には必ず入っている菊菜、関東では春菊と呼ばれています。大阪は菊菜の生産量では全国で上位を占めるほど好まれている野菜です。

  • うすいえんどう

    「うすいえんどう」「えんどう豆」発祥の地が羽曳野市といわれています。明治中期にアメリカからうすい豆が伝わり、大阪府下全域に栽培が広まりました。豆の皮が柔らかで甘みが強く、粒が大きいのが特長のなにわ伝統野菜です。

  • 松波キャベツ

    大阪でよく栽培されているのが「松波キャベツ」。柔らかく甘みが強いのでお好み焼用のキャベツとして人気があります。

  • 八尾若ごぼう

    ごぼうの部分から茎そして葉まで全て無駄なく食べることができる特産野菜です。葉ごぼうともよばれています。繊維質が抱負で新陳代謝を活発にするとして、昔からよく食べられてきました。

  • 三箇牧(さんがまき)トマト

    トマトのしっかりとした味に加えて少しの酸味と甘みが特長の大阪産トマトです。三箇牧は高槻市の南西部にある地域の名前で、もとは牧場地帯だったことから「牧」という字が今も残っています。大阪では最も早く市場に出回るトマトとして有名です。

なにわの魚介類

  • 生節(なまぶし)

    カツオやマグロを、むす・ゆでるなどし、半乾燥させたもの関西では家庭料理によく使われてきました。

  • 和泉蛸(いずみタコ)

    泉州沖で獲れるタコ。大きな河川が流れこむ大阪湾近海では明石のタコと違い身肉の塩分が少なく柔らかで食べやすいとされています。

  • (アジ)

    大阪では夏のご馳走として新鮮なアジをたくさん食べていました。煮つけや塩焼きなど大阪の夏の郷土料理に多く用いられています。

  • 泉州のちりめんじゃこ

    ごく小さなイワシをゆでて乾燥させたもの。そのものに味があり、ご飯などとあわせても美味です。

  • 塩サバ

    大阪市内の商家が集まった堀で囲まれたまちを船場と呼びました。そうした船場では始末を考えた料理が多くつくられました。塩サバそのものから魚のだしや塩分をとるのが船場風とされています。

なにわの果物

  • 大阪産デラウエア

    河内地区など多く栽培されている夏によく食べられている小粒のブドウです。

  • 羽曳野イチジク

    大阪府羽曳野市の特産とされるイチジク。未熟なものは、胃を痛めることがあるので要注意。先端がわれてきたものが、うれた実の目安です。

セブンデイズプラザあべのば