スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

029 焼きかぶら鶏みそかけ(天王寺蕪を使って)

029 焼きかぶら鶏みそかけ(天王寺蕪を使って)

材料(4人前)

  • かぶら 2個
  • みそ 70g
  • 鶏ひき肉 50g
  • みりん 50cc
  • 砂糖 大さじ3
  • かつお節 3g
  • サラダ油 適量

閉じる

なにわの食材

「天王寺蕪(てんのうじかぶら)」

「天王寺蕪(てんのうじかぶら)」
大阪市天王寺周辺に伝えられてきたかぶら。信州のお坊さんが天王寺蕪の種を持帰り、できたのが野沢菜と伝えられています。

なにわの食材一覧

つくり方

  1. (1)かぶらはホイルに包み180度のオーブンで約20分熱します
    串が通ったら、表面の皮をむき、適当な大きさに切ります
    かぶらの葉は塩ゆでし、3㎝の長さに切ります
    つくり方
    かぶらは丸のまま、ホイルを両横そして左右にたたんで包みます。
  2. (2)鍋にサラダ油を加えて熱し、鶏ひき肉を入れます
    肉に火が通ったら、みりん、砂糖、みそを入れます
    みそに火が通ったら、かつお節を加えます
  3. (3)かぶらを盛りつけて(2)のみそをかけましょう

ワンポイントアドバイス

かぶらをホイルで包んで焼くと、薄く皮をむくことができます
皮をむくときは熱いので火傷に注意しましょう