スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

019 船場風おつい (大阪郷土料理風)

019 船場風おつい (大阪郷土料理風)

材料(4人前)

  • 塩サバ 1/2尾
  • 大根 3㎝
  • だし汁 600cc
  • 三つ葉 1/2束
  • 生姜のしぼり汁 少量
  • 塩 少々
  • 薄口しょうゆ 少量

閉じる

なにわの食材

「塩サバ」

「塩サバ」
大阪市内の商家が集まった堀で囲まれたまちを船場と呼びました。そうした船場では節約を考えた料理が多くつくられました。塩サバそのものから魚のだしや塩分をとるのが船場風とされています。

なにわの食材一覧

つくり方

  1. (1)塩サバは食べやすい大きさに切って、グリルで焼きます
  2. (2)大根は適当な大きさに、三つ葉は2㎝長さに切りそれぞれ塩ゆでします
  3. (3)だし汁を火にかけ、大根を入れます
    塩、薄口しょうゆで味をととのえ、三つ葉と生姜しぼり汁を加えます
  4. (4)器に焼いたサバを入れて(3)を入れましょう

ワンポイントアドバイス

あらかじめ焼いたサバを加えるので、魚の臭みがでにくくなります