スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

外貨預金のご注意事項

為替変動リスクについて

外貨預金には為替変動リスクがあります。為替相場の変動により為替差損が生じ、お引出時の円貨額がお預入時の払込円貨額を下回る(元本を割込む)おそれがあります

外貨預金の仕組み

為替手数料について

円を外貨に交換する際(お預入時)および外貨を円に交換する際(お引出時)は以下の為替手数料がかかります
お預入れおよびお引出しの際は、この為替手数料を含んだ当社所定の為替レートであるTTS、TTBをそれぞれ適用します

通貨 為替手数料(片道)
米ドル(USD) 1円
ユーロ(EUR) 1円40銭
豪ドル(AUD) 2円
  • 「近畿大阪外貨普通預金<外貨の達人>」「近畿大阪外貨定期預金<アイドル>」の為替手数料は1米ドルあたり片道50銭となります
  • お預入時とお引出時の為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料(たとえば1米ドルあたり2円、 1ユーロあたり2円80銭、1豪ドルあたり4円)がかかるため、お引出時の円貨額がお預入時の払込円貨額を下回る(元本を割込む)おそれがあります
  • 為替差益を得るためには、お預入時の為替レート(TTS)よりも、お引出時の為替レート(TTB)が高いとき(円安のとき)に円に戻すことがポイントです
  • 2017年10月2日(月)~2018年3月30日(金)16時までは「外貨預金為替手数料割引プラン」実施中につき、マイゲートの外貨預金交換レートは以下のとおり優遇となります
  • お預入時
    米ドル:50銭優遇
    ユーロ:1円40銭優遇
    豪ドル:2円優遇
  • お引出時
    ユーロ:90銭優遇
    豪ドル:1円50銭優遇

為替レートTTS・TTBについて

為替レートTTS・TTBについて

為替手数料により、元本を割込む例

10,000米ドルを外貨定期預金にお預入れの場合 ※円でのお預入れ、お引出し

  • 期間:1年もの
  • 年率:1%
  • 為替相場:1米ドル=100円(お預入時および満期引出時) TTS:101円、TTB:99円
為替手数料により、元本割れとなる例
<運用例>

その他費用について

外貨預金関係手数料:外貨⇔外貨(米ドルの場合)

外貨現金による外貨預金の
お預入れ、お引出し
お取扱しておりません
海外からの外貨送金の
受取金によるお預入れ
リフティングチャージとして外貨金額に対して0.05%
(ただし、最低2,500円)
外貨預金から海外へ送金 リフティングチャージとして外貨金額に対して0.05%
(ただし、最低1,500円)
外国向け送金手数料が別途かかります
外貨預金から国内へ送金 当社内:不要
他行宛:リフティングチャージとして外貨金額に対して0.05%
(ただし、最低1,500円)
国内向け送金手数料が別途かかります
  • 当社所定のTTSによる円貨換算額になります
  • 上記手数料には、消費税等はかかりません

税金について

【個人のお客さま】

  • お利息は源泉分離課税となります(マル優のお取扱いはできません)
  • 為替差益は雑所得として確定申告による総合課税となります
    ただし、年間の給与収入が2,000万円以下で、当該所得を含めた給与以外の年間所得が20万円以下の場合は原則申告不要です
  • 為替差損は、他の雑所得があればその金額と損益通算できますが、通算してもなお引ききれない損失の金額は、他の所得と損益通算することはできません

【法人のお客さま】

  • お利息は総合課税となります
  • 詳しくは公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願いいたします
    (記載内容は2012年8月1日現在のもので、税制は将来変更となる可能性があります)

その他ご注意事項

  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません
  • 個人のお客さまの場合、未成年者の方はお預入れいただけません
  • 円を外貨に交換する際(預入時)の為替相場よりも、外貨を円に交換する際(引出時)の為替相場が円高になると、為替差損が生じて、引出時の円貨額が預入時の円貨額を下回る(元本を割込む)おそれがあります〈為替変動リスク〉
  • お預入時とお引出時の為替相場に変動がない場合でも、下記記載の往復の為替手数料により、元本を割込むおそれがあります
  • 円を外貨に交換する際(預入時)の為替レート(TTS)および外貨を円に交換する際(引出時)の為替レート(TTB)には、当社所定の為替手数料(※)が含まれます
    通常の場合:1米ドルあたり片道1円/往復2円、1ユーロあたり片道1.4円/往復2.8円、1豪ドルあたり片道2円/往復4円
  • 外貨現金、トラベラーズチェックによるお預入れ・お引出しは、お取扱いできません
  • 急激な市場変動により、適用する為替レートを変更することやお取扱いを中止することがあります
  • 外貨定期預金を満期日以前に解約される場合は、原則として解約日における預入通貨の普通預金金利を適用します
  • お申込みの前には、「契約締結前交付書面」を必ずご覧ください

満期時のお取扱方法

満期時のお取扱方法

お取扱時間

★窓口

お取引き時間帯 お取扱いできるお取引き
平日10:00以降(公示相場決定後)~15:00 全取引
(口座開設、お預入れ、お引出し、ご解約等)

10万米ドル相当額以上のお取引きの場合は、市場実勢を参考にして決定する為替レートを適用します

★窓口以外

ATM 平日10:00以降(公示相場決定後)~15:00
電話 平日10:00以降(公示相場決定後)~15:00
インターネット 24時間[当日公示相場扱いは平日10:00以降(公示相場決定後)~16:00]

ご利用限度額

窓口 制限はありません
ATM 1回あたり500万円相当額以内、1日あたり1,000万円相当額以内です
電話 1回あたり1,000万円相当額以内かつ10万米ドル未満、1日あたり10万米ドル未満です
インターネット 1指定日10万米ドル未満です

ATM・電話・インターネットでお取引きをされるお客さまへ

  • ATMでの振替に関しては、事前に「近畿大阪ATM外貨預金振替サービス」のお申込みが必要です
  • インターネットバンキングでの振替には、事前に「マイゲート」をお申込みください
    すでにお持ちの近畿大阪外貨普通預金<外貨の達人>を利用口座登録する場合は、あらかじめATM外貨預金振替サービス契約が必要です
  • テレフォンバンキング(コミュニケーションダイヤル)での振替に関しては、事前に「近畿大阪ATM外貨預金振替サービス」のお申し込み、または「マイゲート」のお申込み(利用口座登録)が必要です

(2014年6月18日現在)

「外貨預金」に関するお申込み・お問合せ先

マイゲート(webコミュニケーションダイヤル)でお取引きいただけます

マイゲートをご契約済みのお客さま
マイゲートの新規お申込み

マイゲートとは

口座をお持ちでないお客さまは、口座開設が必要です

商品についてのお問合せ

コミュニケーションダイヤル(通話料無料)

0120-84-0600(受付時間:平日9:00~17:00)

お問合せの際には電話番号をよくお確かめのうえ、くれぐれもおかけ間違いのないようお願いいたします

  • ご相談(サービスコード1#)をお選びください
  • 土、日、祝日、12月31日~1月3日、5月3日~5月5日はご利用いただけません
  • 時間帯やお取引き内容により、一部お取扱いができない場合があります
  • プッシュ回線またはプッシュ音の発信可能な電話機からご利用ください
  • 生年月日や電話番号等の他人に推測されやすい番号をキャッシュカードの暗証番号に登録されている場合、電話によるお取引きをご利用いただけません

お近くの店舗を探す

お近くの近畿大阪銀行窓口でお気軽にご相談ください