スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

近畿大阪プレミアムカードローン お借入れ・ご返済方法

全国のりそな・コンビニATMで借入れ・返済OK

  • ローン専用のカードは必要ありません。

お借入方法

3つのお借入方法があります。

①ご利用限度額の範囲内でお借入れ

全国のりそなのATMから借りられます

りそなのATM
りそなのATM
  • 各ATMのご利用にあたっては、所定の利用限度額がございます。
  • また、ご利用時間帯やATMの種類により、所定のATM利用手数料がかかります。
  • 毎月のご返済が遅延されている場合、新たなお借入れはできません。

ATM操作方法

  1. 1.ATM画面の「カードローン」ボタンを選択
  2. 2.「ローン借入」ボタンでお取引開始!

②預金残高+カードローンでご希望額をお引出し

りそな・コンビニ・その他提携ATMで、カードローン機能により、残高を超えたお引出しができます

りそなのATM
りそなのATM
コンビニATM
コンビニATM
その他提携ATM
その他提携ATM

お急ぎの場合も安心。足りなくなったその時に、カードローンがご利用いただけます。

  • 各ATMのご利用にあたっては、所定の利用限度額がございます。
  • また、ご利用時間帯やATMの種類により、所定のATM利用手数料がかかります。
  • 毎月のご返済が遅延されている場合、新たなお借入れはできません。

ATM操作方法

  1. 1.ATM画面の「お引出し」ボタンを選択し、お取引きをしてください。
  2. 2.普通預金の残高を超える引出しの場合、カードローンのご利用限度額より、自動融資いたします。
  • 自動融資の当日にご指定口座への入金された場合は、その当日の自動融資金額を限度に、返済に充当されます。

③お引落しの不足分を自動融資(オートチャージ)

一時的に口座残高が足りなくなった場合などに、限度額の範囲内で自動的にご融資いたします。
「クレジットカードの引落しをうっかり忘れていた」ときなどにも安心です。

オートチャージ

1万円お借入れなら、1週間の利息は約6円!(年利3.5%で計算)

  • 計算式の例(金利年3.5%で1万円お借入れの場合):10,000円×3.5%×7日÷365日=6.7円

ご返済方法

2つのご返済方法をお使いいただけます。

①毎月の自動引落しによる返済(定例のご返済)

カードローンの基準貸越残高に応じて、毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)にご返済いただきます。

Q基準貸越残高とは何ですか?

Aカードローンのお借入額のことです。
毎月5日の3営業日前の貸越残高を基準にご返済額が決まります。
ご返済例については以下をご確認ください。

基準貸越残高=カードローン残高

基準貸越残高に応じた返済額の例

 
基準貸越残高
毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
に返済する返済額
1万円以下 基準貸越残高全額
1万円超~50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 4万円
300万円超~400万円以下 5万円
400万円超~500万円以下 6万円
500万円超~600万円以下 7万円
600万円超~700万円以下 8万円
700万円超~800万円以下 9万円

②りそなのATMやマイゲートから、いつでも返済ができます(臨時のご返済)

お近くのりそなのATM、またはマイゲートでお好きな金額を返済できます。
かしこい返済で、利息分を抑えることができます。

  • 別途①の「毎月の自動引落しによる返済」は必要となります。

ご返済例

ご返済例

  • 計算式の例(金利年3.5%で2万円お借入れの場合):20,000円×3.5%×7日÷365日=13.4円

ATM操作方法

  1. 1.ATM画面の「カードローン」ボタンを選択
  2. 2.「ローン返済」ボタンでお取引開始!

マイゲートの操作方法

  1. 1.「マイゲート」にログイン後、右上の「お取引きはこちら」のボタンをクリック。次の画面で「マイゲート(インターネットバンキング)」の左メニューにある「カードローン」をクリック
  2. 2.「返済する」をクリックし、返済金額を指定してください。

まずはインターネットでお申込みください

お電話での
お申込みも
できます

ローン受付センター(お申込専用)

0120-62-3989

  • (受付時間/年中無休 8:00~22:00)

お問合せ

クレジットセンター

0120-16-0540(平日10:00~17:00)

  • 土・日・祝日、5月3日~5月5日、12月31日~1月3日はご利用いただけません。
  1. 収入と支出のバランスを考えてご利用ください。借り過ぎにご注意ください。

2017年9月5日現在