スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

信託契約代理業務

近畿大阪銀行は、りそな銀行の代理店として、お客さまの信託ニーズにお応えします。

企業年金や自社株承継信託など、さまざまな信託を取扱っています。

企業年金

企業年金は、厚生年金基金の解散や新しい企業年金の制定など企業年金にかかる法改正により、既に企業年金を導入されているお客さまにとっては、何らかのご対応が必要となります。
また、会計・税制基準の変更や能力主義・成果主義を重視した人事制度への移行、雇用流動化の進展などを受け、企業年金を導入されていないお客さまにとっても、従業員の福利厚生や雇用確保のため、ご対応を検討する必要性が高まっています。当社では、りそな銀行の信託契約代理店として、お客さまの企業年金にかかるニーズに対し、ご提案を行います。

自社株承継信託(議決権留保型)

自社株承継信託(議決権留保型)は、企業オーナー様が経営権を引続き確保しながら、財産(自社株式)をご子息さま等事業承継者へ譲渡や贈与することを目的とした商品です。
企業オーナー様のご要望に応じた計画的な自社株式の承継にご利用いただくことができます。当社では、後継者へスムーズに事業を譲りたいと考えておられるお客さまに、さまざまな面から効果的な事業承継について検討し、ご提案いたします。

入居一時金保全信託

平成18年4月の老人福祉法の改正により、有料老人ホームが入居者から受領する一時金については、保全措置を講ずることが義務付けられています。
当社では、りそな銀行の信託契約代理店として、この保全制度に対応した保全措置の一つである入居一時金保全信託をご提案させていただきます。

(2013年5月1日現在)