スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

機能追加のおしらせ

近畿大阪外為Webサービスにつきまして、お客さまの利便性向上のため2013年5月13日(月)および2013年5月27日(月)より、操作画面を一部変更します
また、変更内容につきましては、現在ご利用のお客さまに対しましては、変更項目の詳しいご説明を記載した書面をご郵送させていただきます

2013年5月13日(月)からの変更について

サービス名 サービス概要
外国送金受付サービス
  1. 1.「原産地」「船積地」「仕向地」を入力項目として追加
  2. 2.受取人金融機関の「金融機関名」と「支店名または支店所在地」の入力桁数を拡張
輸入信用状受付サービス

<開設/条件変更>

  1. 1.「原産地」を入力項目として追加
  2. 2.「商品数量許容区分」指定欄を追加

<条件変更>

  1. 3.「書類提示期間」を変更される場合のチェックボックスを追加
  2. 4.「その他条件変更」の項目桁数を拡張
その他
  • 依頼書等の文言をCVSファイル出力時に表示文言を一部変更

2013年5月27日(月)からの変更について

サービス名 サービス概要
外国送金受付サービス
  1. 1.「海外向/国内向」を選択項目として追加
  2. 2.取引依頼画面に確認チェックボックスを追加
輸入信用状受付サービス

<開設/条件変更>

  • 「原産地」欄の表示位置を変更
外貨預金振替サービス
  • 為替予約使用時の「振替金額」欄の入力方法を変更
その他
  1. 1.入力項目ツールチップ(小さな説明ウィンドウ)の内容を改善
  2. 2.各種取引依頼データ保存期間を延長

ご留意事項について

  1. 1.今回の画面表示変更前となる2013年5月10日以前に作成されたテンプレート、一時保存データ等については、追加となる必須項目が入力されていないケースが発生します
    お手数ですが2013年5年13日以降は追加となる必須項目について随時補完していただいたうえご利用をお願いいたします
    <既存テンプレートに影響する追加入力項目>
    サービス名 項目 特記事項
    外国送金 「原産地」 「送金種別」が輸入/仲介貿易の時、入力必須
    「船積地」 「送金種別」が輸入/仲介貿易の時、入力必須
    「仕向地」 「送金種別」が仲介貿易の時、入力必須
    「海外向/国内向」 入力必須
    輸入信用状開設 「原産地」 入力必須
  2. 2.今回の画面表示変更前となる2013年5月10日以前に作成された取引(“入力中”)について、2013年5月13日以降に管理者さまが承認を行った場合、必須項目が空の状態で当社が受付するケースが発生します
    その場合は当社担当より取引内容につきまして照会させていただきます
  3. 3. 2013年4月15日(月)よりサービスを開始しました「外貨預金振替サービス」に関してご入力時には以下の(ア)(イ)の2点をご注意ください
    • (ア)為替予約使用取引の場合、予約番号の入力が必須となります
      その場合の予約番号入力方法は、予約スリップ番号の「(3桁)+(ハイフン)+(6桁)」計10字でご入力ください
    • (イ)為替予約使用取引にご使用可能な為替予約は、振替依頼データ送信日の前営業日までに為替予約番号が確定したものに限りますので、ご留意ください
  4. 4.「操作マニュアル」や「ご利用ガイド」は2013年5月13日に、2013年5月27日の変更事項も含めてホームページに掲載させていただきます
    各日程毎の変更事項をご確認いただき、ご利用ください

(2013年5月1日現在)

近畿大阪外為Webサービスサポートセンター

「近畿大阪外為Webサービス」に関するお問合せ先

0120-05-5159(通話料無料)

受付時間:平日 9:00~17:00

  • ご連絡の際には、電話番号をお間違いのないようご注意ください
  • 土、日、祝日、12月31日~1月3日、5月3日~5月5日はご利用いただけません