スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

スペシャルコンテンツ 近畿大阪銀行はじめてガイド はじめての投資信託

知らなかった!投資信託Q&A

投資信託には元本を割込むおそれがあります。投資信託のご購入にあたっては「投資信託のご注意事項」をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

よくわかる用語集

債券

国や地方公共団体・企業が資金調達のために発行する証券です。国債・地方債・政府保証債・社債などがあり、総称して公社債と呼ばれます。

収益分配金

投資信託の決算ごとに支払われる株式でいう配当金のようなものです。投資信託によって無分配型(償還や解約時にまとめて支払われる)のものもあります。

投資者保護基金

証券会社の破綻等に際して、一般の顧客に対する支払やその他の業務を行うことにより投資者の保護を図り、証券取引の信頼性を維持する制度です。

ファンド

1つひとつの投資信託の商品のことです。ファンドとは本来「基金・財源」を意味しますが、多くの投資家から資金を集めていることから、こう呼ばれます。

リスクヘッジ

株式や為替相場の変動などによる資金価値の増減幅を低く抑えることです。例えば、「一定の期間後に特定の値段でドルを円に換える」という事前契約をすることで、円高によってドル建て資産の価値が目減りするのを防いだりします。

解約代金

解約を申し出た日(お申し出の日、投資信託によっては翌営業日)の基準価額に口数をかけた金額=「お客さまの信託財産」から、税金・手数料等を差引いたものです。

償還金

信託期間が定められている投資信託では、償還日(満期)時点ですべての資産を現金化し、受益権口数に応じてお客さまに配分します。その金額をさします。

信託報酬

お客さまが負担する投資信託の運用・管理にかかる費用のことです。投資信託を保有している間、信託財産から投資信託会社、信託会社、販売会社へ支払われます。

信託財産留保額

中途解約の際に必要となる、一種のペナルティ費用であり、信託財産に組入れられます。投資信託によって必要なものとそうでないものとがあります。

信託財産

お客さまからお預りし、投資信託会社が運用を行っている資産のことです。

公社債投資信託

株式は一切組入れずに、公社債を中心に運用する投資信託です。

株式投資信託

株式を組入れることも可能な投資信託で、一般的に公社債投資信託よりもリスクやリターンが高くなっています。

特定口座

金融機関がお客さまに代わって、株式投資信託の換金時の譲渡損益などを計算し、「年間取引報告書」を作成します。これにより所得税の確定申告の準備が軽減されます。なお、源泉徴収ありの口座を選択した場合には、確定申告は原則として不要となります。

よくある用語を解説します!

(2012年3月28日現在)

はじめての投資信託

  • いますぐ投資信託をはじめたいお客さま
  • 投資信託ってなあに?
  • あなたの運用に合った商品は?
  • よくある質問集
  • よくわかる用語集