スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

スペシャルコンテンツ 近畿大阪銀行はじめてガイド はじめての外貨預金

よく聞くTTS・TTBって?

よく聞くTTS・TTBって?

TTSとTTBってなあに?

円から外貨、外貨から円に交換するときのレート

TTS・TTBとは、それぞれ円から外貨、外貨から円に交換するときに適用される、為替手数料を含んだレートのことです。外貨預金の運用は、預入時のTTSを基準としてスタートします。預入時のTTSより、引き出す時のTTBが高ければ、運用はプラスとなり、この利益を「為替差益」と言います。反対に、引き出す時のTTBが預入時のTTSより低ければ、運用はマイナスとなり、この損失を「為替差損」と言います。

わたしたちがおこたえします
TTS お預入時 TTSは「円」を「外貨」に交換するときのレート
TTS(Telegraphic Transfer Selling)=電信売相場
TTB お引出時 TTBは「外貨」を「円」に交換するときのレート
TTB(Telegraphic Transfer Buying)=電信買相場
為替差益が狙える!

米ドル仲値(※1) 1ドル=100円の場合

  • ※1仲値とは市場レートを参考に銀行が決定した基準となるレートです
  • ※2為替手数料は通貨ごとに異なります。近畿大阪外貨普通預金<外貨の達人>と近畿大阪外貨定期預金<アイドル>の片道の為替手数料は50銭となります
  • 外貨預金のしくみ
  • 外貨預金人気の理由
  • TTSとTTBってなあに?

ご注意ください

  • 外貨預金は元本を割込むおそれがあります
  • 外貨預金のご利用にあたっては「外貨預金のご注意事項」を必ずお読みいただき、ご自身でご判断ください

(2017年8月31日現在)

はじめての外貨預金

  • 外貨預金ってどんな預金ですか?
  • 何か注意することってありますか?
  • いますぐ外貨預金をはじめたいお客さま
  • よくわかる用語集