スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

セキュリティQ&A (6)
パスワードが盗まれないように、どのような取組みをしていますか?

マイゲートでは、パスワードの盗難を防ぐためにいくつもの対策を行っています。
さらにインターネットバンキング機能をご利用される場合は、さらに不正利用対策の強化をしています。

A1:スパイウェア対策ソフト(SaAT Netizen)

パソコンセキュリティサービス「SaAT Netizen」を無料でご利用いただけます。
SaAT Netizenを起動していると、

  1. 1.近畿大阪銀行と無関係なサイトに移動しようとすると、注意喚起メッセージが表示されます。
  2. 2.入力内容が外部に漏れません。
  3. 3.キーボードでの入力内容を暗号化するので、入力内容が漏えいしても入力内容が解明できません。

近畿大阪銀行のWebサイトをご利用の際には「SaAT Netizen」をぜひご活用ください。
(本サービスは、ネットムーブ株式会社の協力を得て、ネットムーブ株式会社が提供するサービスです。)

A2:ソフトウェアキーボード

パソコンのキーボードを使用する代わりに、画面上に表示されたキーボードをマウスでクリックすることでパスワードなどを入力する方法です。キーボードの入力情報を読みとるタイプのスパイウェアからお客さまのパスワードを守ることができます。

A3:マイゲートご利用カード(乱数表)

カードローンのお借入れ、各種変更・手続き等の際、ご利用カード(乱数表)の指定された部分の数字が、お取引きを実行するパスワードとなります。入力した数字が万一盗まれても、次回のお取引き時には別の乱数の入力が求められるため、被害を防ぐことができます。

A4:ワンタイムパスワード

お振込等をご利用になるお客さまは、「ご利用カード」を利用いただくお取引方法から、より安全な「ワンタイムパスワード生成器」(以下、「トークン」)を利用いただくお取引方法(以下、「ワンタイムパスワード方式」)へ、変更していただくようお願いしています。
ワンタイムパスワード方式は、トークンのボタンを押すごとに表示される6桁の数字を1回限りのパスワードとしてご入力いただくため、ご利用カードよりも更に安全性が高まります。
申込方法等、概要は「Q5:ワンタイムパスワードとは何ですか?」をご確認ください。

A5:秘密の画像

ログインパスワード入力画面とログイン後のトップ画面に、お客さまご自身で登録した画像を表示します。
秘密の画像はログインパスワードをだまし取ろうとする偽ログイン画面と正規のマイゲート(インターネットバンキング機能)との違いをひと目で区別するための機能です。
偽サイトは、一見して正規のマイゲート(インターネットバンキング機能)と見分けがつかないようなWebサイトとなっており、パスワード情報を入力させて盗もうとします。(この手法は、一般的に「フィッシング」と呼ばれています。)

ログインパスワード入力画面にお客さまご自身で設定した秘密の画像が表示されることを確認してから、ログインパスワードを入力してください。
ご自分の秘密の画像が表示されていない場合は、ログインパスワードを入力せず、すぐにマイゲートサポートセンターまでご連絡ください。

A6:正規URLを公開しています

マイゲートログイン画面のURLは、以下の通りです。

  • マイゲート

    パソコン:
    https://mp.resona-gr.co.jp/mypage/MPMB010X.mp?BK=0010

    スマートフォン:
    https://sp.mp.resona-gr.co.jp/mypage/MPMB010X.mp?BK=0010

  • インターネットバンキング機能(旧近畿大阪ダイレクト)

    パソコン:
    https://ib.kinkiosakabank.co.jp/IB/0102/SC_N_0102_010.aspx

    スマートフォン:
    https://ib.kinkiosakabank.co.jp/IB/0102/SC_S_0102_010.aspx

当社のホームページでパスワード等の重要情報のご入力をいただく場合には、SSLによる暗号化通信を行っております。SSLによる暗号化通信が行われるページのURLは「https://」から始まりますのでご確認ください。

A7:ベリサイン社のセキュアーシール

ログイン画面のベリサインマークをクリックすると、ベリサイン社のWebサイトにリンクしサイト情報が表示されます。

(例)インターネットバンキング機能の場合
○サイト名が「ib.kinkiosakabank.co.jp」と表示されます。

ベリサインマーク

A8:サーバ証明書(EV SSL対応)

SSL暗号化通信が行われるページにはサーバー証明書が発行されています。Webブラウザに表示される鍵マークをクリックして、サーバ証明書をご確認いただけます。

証明書のご確認方法: EV SSL対応ブラウザの場合

Internet Explorer7などのEV SSL対応ブラウザで「マイゲート」にアクセスすると、鍵マークの表示に加えてアドレスバーが緑色になり、正規のサイトであることをわかりやすくお知らせします。

【証明書の表示方法】
(例)インターネットバンキング機能の場合

Internet Explorer7などのEV SSL対応ブラウザで「マイゲート」にアクセスすると、鍵マークの表示に加えてアドレスバーが緑色になり、正規のサイトであることをわかりやすくお知らせします。

  1. (1)ログイン画面でないページでは、アドレスバーは白色です。

    「ログインはこちら」をクリックします。

  1. (2)ログイン画面のアドレスバーは、緑色です。

    アドレスバー左端の銀行名にカーソルを合わせると、「Webサイトの識別」が表示されます。

    「証明書の表示」をクリックします。

証明書が表示されます。
  1. (3)証明書が表示されます。
    発行先が「ib.kinkiosakabank.co.jp」であることをご確認ください。

証明書のご確認方法: EV SSLに対応していない、Internet Explorer6などのブラウザの場合

Webブラウザに表示される鍵アイコンをクリックして、サーバ証明書をご確認いただけます。

SSLで保護されたページを開くと、ウィンドウの右下に鍵マークが表示されます。
  1. (1)SSLで保護されたページを開くと、ウィンドウの右下に鍵マークが表示されます。
鍵マークをダブルクリックすると、証明書の情報が開きます。発行先が「ib.kinkiosakabank.co.jp」であることをご確認ください。
  1. (2)鍵マークをダブルクリックすると、証明書の情報が開きます。
    発行先が「ib.kinkiosakabank.co.jp」であることをご確認ください。

A9:Fraud Actionの利用

ポータルサイトやインターネットプロバイダと提携し、フィッシングサイトへのアクセスを制御・閉鎖する等、不正Webサイトのシャットダウンに取組んでいます。

  • Fraud Actionとは、RSA社が提供するフィッシング対策の仕組みです。

マイゲートサポートセンター

マイゲートに関するお問合せ専用

0120-01-7820

0120-01-7820

受付時間/平日 9:00~21:00、 土・日・祝日 9:00~17:00

  • 1月1日~3日、5月3日~5日はご利用いただけません。
  • 土・日・祝日は、操作のご案内のみのお取扱いとなります。
  • お問合せの内容によってはご本人確認をさせていただく場合がございますので、予めご了承願います。
お問合せ混み具合表
  平日 土・日・祝日
午前 × ×
午後
× -

「×」印は、お電話が比較的混み合うことの多い時間帯です。
平日14時頃~17時頃(休日明けを除く)は比較的繋がりやすくなっております。