スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

「時価評価額アラートメールサービス」の提供開始について

2017年7月3日

株式会社 りそな銀行
株式会社 埼玉りそな銀行
株式会社 近畿大阪銀行

りそな銀行(社長 東 和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田 一義)、近畿大阪銀行(社長 中前 公志)は、7月3日より、りそなグループで投資信託を保有していただいている個人のお客さま向けに「時価評価額アラートメールサービス」の提供を開始いたしました。

大手行で初めて「時価評価額アラートメールサービス」を提供!

保有されている投資信託の時価評価額が事前に設定した条件に達した際に、メールでお知らせする サービスを大手行で初めて提供いたします。今回のサービス導入は、2017年6月に制定した「りそなフィデューシャリー・デューティー基本方針」の一つである「最適なサービスの提供」の実現に向けた取組みです。

【サービス概要】

サービス内容 保有されている投資信託の時価評価額が、事前に設定していただいた目標額に到達した際に、インターネットバンキング「マイゲート」にご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。
設定対象

りそなグループで運用している投資信託のファンドごと、または全保有ファンド合計の時価評価額について、以下の3通りの設定が可能です※1。 

①時価評価額が○○万円以上 

②時価評価額が○○万円以下 

③時価評価額が○○万円以上または○○万円以下の両方設定

送付先アドレス

マイゲートにご登録いただいたメールアドレス(最大3件登録可)

送付タイミング

設定条件に到達した日の翌日11:00~12:00頃

有効期限

無期限※2

手数料

無料

  • ※1お取引銀行でマイゲートのご契約が必要となります。
  • ※2設定条件を変更・削除されるまで、設定条件に到達する都度メールが送信されます。
PDF版をダウンロードする