スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

「りそなファンドラップ」(投資一任契約)の取扱開始について

2017年1月24日

株式会社 りそな銀行
株式会社 埼玉りそな銀行
株式会社 近畿大阪銀行

りそなグループのりそな銀行(社長 東和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田一義)、近畿大阪銀行(社長 中前公志)は、2月6日(月)より「りそなファンドラップ」(投資一任契約)の取扱いを開始いたします。

りそなグループ全国約600店舗で「資産形成に向けたコンサルティングサービス」を提供

この「りそなファンドラップ」は、コンサルティングを通じてお客さまのライフプランや投資のご意向に応じて最もふさわしい資産配分をご提案する商品です。運用スタート後も定期的に状況をご報告することで、お客さまの資産形成を長期的にサポートします。

投資初心者に優しい「ファンドラップ」

投資経験のないお客さまにもわかりやすく、資産運用に不安を持たれているお客さまも取り組みやすい商品性が特徴です。

「りそなファンドラップ」の主な特徴

  1. (1)わかりやすい
    インデックスファンドを組み合わせた運用をする「スタンダードコース」と主にアクティブファンドを組み合わせて運用する「プレミアムコース」の2種類からお選びいただき、全60種類のポートフォリオからお客さまの運用スタイルに合わせた最適な資産配分をご提案します。
  2. (2)始めやすい
    「スタンダードコース」は300万円からご利用いただけます。
  3. (3)安心できる
    半世紀を超える年金運用で培った豊富なノウハウを駆使し、りそな銀行の運用部門がお客さまに代わって資産を運用します。また、自動的に利益確定や損失確定を行う機能も備え、日々の運用状況の管理が難しいお客さま、利益や損失の目途を定めた運用を行いたいお客さまのニーズにもお応えします。
  4. (4)長く続けやすい
    投資顧問報酬を最低0.9396%(年率・税込)に設定していることに加え、運用開始2年経過後から報酬率が20%割引になる「長期保有割引制度」もご用意し、お客さまの長期投資を後押しします。
  • 埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行はりそな銀行の代理店としての取扱いとなります。
  • 【商品概要】【りそなファンドラップに関するご注意事項】については、PDF版をダウンロードいただき2ページ目以降をご確認ください。
PDF版をダウンロードする