スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0159

文字サイズ

人権

近畿大阪銀行では、お客さま・従業員をはじめ、あらゆるステークホルダーの基本的人権が尊重される企業風土・職場環境の醸成に取組んでいます。

人権啓発推進体制

人権問題に取組む組織体として人権啓発委員会を設置し従業員の人権意識の向上に努めています。また、集合研修等の中で人権意識を高めるカリキュラムを設けており、毎年の採用開始前に採用担当者向けの研修も実施しています。その他に、社内での人権標語の募集(上位作品は全国銀行協会へ応募)、行政等が実施する人権研修への参加など、従業員に対する人権意識の向上に積極的に取組んでいます。

ノーマライゼーションへの取組み

優先ATM

優先ATM
近畿大阪銀行では、車いすやベビーカー等をご利用のお客さまには、他のお客さまの「ご理解・ご協力」のもと、優先してご案内しています。近畿地区内の全有人店舗に設置し地域金融機関としてノーラマイゼーションへの取組を積極的に行っています。

優先シート

優先シート
高齢のお客さま等、必要とされる方に優先しておかけいただくスペースを作り「お客さまのご理解・ご協力」のもと、すべてのお客さまにやさしい店舗をめざしています。

補助犬ステッカー

補助犬ステッカー
近畿大阪銀行では安心してご来店いただけるよう、補助犬同伴可としています。
ただし、一般のペットを伴ってのご利用はご遠慮いただいております。

コミュニケーションボード

コミュニケーションボード
店頭に「コミュニケーションボード」を設置しています。
ご来店いただいた方がコミュニケーションに不安を感じられた際に、ボードの絵記号を指し示すことでご利用目的をお伝えいただけるツールです。 外国人の方にもご利用いただけるように、英語も併記しています。

筆談ボードの設置

筆談ボードの設置
「耳マーク」を入り口ドアに貼付し、安心してご入店いただき「筆談」について気軽にお申出いただけるように、人にやさしい店舗をめざしています。

認知症サポーターの配置

認知症サポーターの配置
金融サービスの向上ならびに、高齢化社会の中で認知症に関する理解を深め、認知症の方が地域で安心して暮らせる環境づくりに貢献するため、全社員が認知症サポーターとなっております。